東京一工 AO・推薦まとめ!!

今回は最難関国公立である東京大学京都大学一橋大学東京工業大学のAO・推薦のまとめです。

 

もくじ

東京大学 AO・推薦

京都大学 AO・推薦

一橋大学 AO・推薦

東京工業大学 AO・推薦

 

 

東京大学 AO・推薦

 

現・浪

志望形態

評定

センター

 募集人数

全学部

どちらも可

第一志望

基準なし

 指定科目

 合計100人

 <出願条件>

① 高等学校又は中等教育学校卒業した者及び平成31年3月卒業見込みの者
② 通常の課程による12年の学校教育を修了した者及び平成31年3月修了見込みの
文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者及び平成31年3月31日までに修了見込みの者

(募集要項抜粋)

浪人生でも受験できるようです!!

<推薦要件等>
学校長が推薦できる人数は,男女各1人まで

別学の学校においては,推薦できる人数は1人

 

○ 学部ごとに定める推薦要件に該当し,当該学部の学問分野に対する強い関心及びこれを本学で学ぶ積極的な意欲を持ち,学校長が責任をもって推薦できる者
○ 合格した場合,必ず入学することを確約できる者
平成31年大学入試センター試験のうち,志望する学部が指定する教科・科目の全てを受験する者

 

<入試方法>

提出書類・資料,面接等,及び大学入試センター試験の成績を総合的に評価して行う。

一次選考: 提出書類、資料

二次選考: 面接など

基礎的学力を判断することから大学入試センター試験8割以上の得点であることが目安。

 

f:id:improvelife:20190411145658p:plain

経済学部の例でいうと、数学オリンピックでの優秀な成績や英語の試験で高得点を取っていたり、突出した力を持っている必要があるようです。何か特技がある人は受けてみるといいと思います。

学科ごとの詳しい要項はこちら▼

https://www.u-tokyo.ac.jp/content/400098229.pdf

東京大学推薦入試トップページ▼

https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/admissions/undergraduate/e01_26.html

 

京都大学 AO・推薦

<特色入試>

学力型AO

総合人間学部、文学部、教育学部、経済学部、理学部、医学部(人間健康科学学科)、薬学部(薬科学科、薬学科)、農学部(資源生物科学科、応用生命科学科、地球環境工学科、食料・環境経済学科、森林科学科、食品生物科学科)

 

推薦

医学部(医学科)、工学部(地球工学科、建築学科、物理工学科、電気電子工学科、情報学科、工業化学科)

 

後期入試 法学部

 

<大まかな出願条件>

総合人間学部、文学部、教育学部、法学部、経済学部

 

評定

現・浪

志望形態

センター試験

総合人間学部

4.3

一浪まで

第一志望

85%目安

文学部

 

一浪まで

第一志望

760/900

教育学部

4.3

一浪まで

第一志望

80%以上

法学部

 

どちらも可

 

 

経済学部

 

一浪まで

第一志望

720/900目安

 

理学部、医学部人間健康科学科、薬学部薬科学科、薬学部薬学料

 

評定

現・浪

志望形態

センター試験

その他 

理学部

 

一浪まで

第一志望

630/900

二次試験

数学:80

口頭試問:20

医学部

人間健康科学科

4.0

一浪まで

第一志望

75%以上

 

薬学部

薬科学科

4.3

現役

第一志望

8割以上目安

英語外部利用検定

英検準一IELTS5.5以上

薬学部

薬学料

4.3

現役

第一志望

8割以上目安

英語外部利用検定

 

医学部人間健康科学科はセンター試験の必要とされるパーセントが他に比べると低めです。薬学部は英語の能力も問われるようです。積極的に外部利用英語検定を受験しましょう。

 

 

評定

現・浪

志望形態

センター試験

その他

工学部

物理工学科

 

現役

第一志望

85%

課外活動で顕著な成績

工学部

電気電子工学科

 

現役

第一志望

80%

 

工学部

情報科学

 

現役

第一志望

850/1000

 

工学部

工業化学科

 

現役

第一志望

80%

顕著な活動実績

 工学部は書類やセンター試験以外に高校での実績が問われるようです。現役生のみ受験できます。

 

 

評定

現・浪

志望形態

センター試験

 その他

農学部

資源生物学科

 

三浪まで可

第一志望

720/900

英語外部利用検定

英検2級など

農学部

応用生命科学

 

一浪まで

第一志望

720/900

面接

小論文

農学部

地球環境工学

 

一浪まで

第一志望

640/800

面接

小論文

農学部

食料・環境経済学

 

三浪まで

第一志望

720/900

小論文

農学部森林科学科

 

一浪まで

第一志望

720/900

面接

小論文

農学部

食品生物科学科

 

三浪まで

第一志望

750/900

英語外部利用検定

英検準1級など

 農学部は高校までの成績は加味されず、センター試験と二次試験で評価されるようです。現役生より時間の多い浪人生は対策時間が確保しやすいです。一浪以上でも受験可能なので、ぜひ浪人生はチャレンジしましょう!!

 

▼詳しくはこちら

 http://www.tokushoku.gakusei.kyoto-u.ac.jp/assets/uploads/pdf/H31essential_notice.pdf

京都大学特色入試

http://www.tokushoku.gakusei.kyoto-u.ac.jp/

 

一橋大学 AO・推薦

<実施学部>

商学部(経営学科、商学科)、経済学部(経済学科)、法学部(法律学科)、社会学部(社会学科)

<出願条件>

 

評定

現・浪

志望形態

センター試験

資格

その他

商学部

基準なし

どちらも可

第一志望

指定科目を受験

英検1級など

学校長の推薦

経済学部

基準なし

どちらも可

第一志望

指定科目を受験

英検1級など

学校長の推薦

法学部

基準なし

どちらも可

第一志望

指定科目を受験

英検1級など

学校長の推薦

社会学

基準なし

どちらも可

第一志望

指定科目を受験

英検1級など

学校長の推薦

 

全学部大まかな条件は同じです。学部ごとに条件が違うということがないので、もし仮に志望学部を変更しても対応しやすいですね!

浪人生なども受験できますが、学校長の推薦が必要なので事前に高校に確認を取りましょう。学校長の推薦がもらえなかったから受験できなかったという事態は避けましょう。

 

<試験>

一次選抜:センター試験の得点で審査

商学部

一般受験前期日程出願者のうちセンター試験の得点上位275位相当が合格者(素点)

経済学部

一般受験前期日程出願者のうちセンター試験の得点上位275位相当が合格者(素点)

法学部

一般受験前期日程出願者のうちセンター試験の得点上位170位相当が合格者(素点)

社会学

一般受験前期日程出願者のうちセンター試験の得点上位235位相当が合格者(素点)

 

二次試験:推薦書、調査書、自己推薦書、取得した資格の書類などの書類また小論文、面接、大学入試センター試験の成績により判定

 

書類の提出が一次選抜の後なので書類の準備には時間がかけられそうです。

▼詳しくはこちら

募集要項 | 一橋大学で学びたい方へ | 一橋大学

http://www.hit-u.ac.jp/admission/pdf/H31suisen_youkou.pdf

 

 

東京工業大学 AO・推薦

<推薦入試>理学院(数学系、物理学系、化学系、地球惑星科学系)

<出願条件>

 

評定

現・浪

志望形態

センター試験

資格

その他

理学院

基準なし

現役のみ

第一志望

指定科目を受験

優れた成果

理学に関する研究

学校長の推薦書

人数制限あり

 

AO入試

工学院(機械系、システム制御系、電気電子系、情報通信系、経営工学系)

物質理工学院(材料系、応用化学系)

情報理工学院(数理・計算科学系、情報工学系)

生命理工学院(生命理工学系)

環境・社会理工学院(A建築学系、B土木・環境工学系、C融合理工学系) 

「~系」への配属は2年次からです。

<出願条件>

 

評定

現・浪

志望形態

センター試験

資格

その他

工学院

基準なし

どちらも可

第一志望

指定科目を受験

 

 

物理理工学院

基準なし

どちらも可

第一志望

指定科目を受験

 

 

情報理工学院

基準なし

どちらも可

第一志望

指定科目を受験

 

活動実績報告書

生命理工学院

基準なし

どちらも可

第一志望

指定科目を受験

 

 

環境・社会理工学院

基準なし

どちらも可

第一志望

指定科目を受験

C:英語外部スコアの提出が可能(任意)

C:国際バカロレア成績証明書の提出が可能(任意)

 志望理由書(800字以内)の提出が必要です。

学院ごとの志願者が2~3倍を超えたとき第1段階選抜が行われます。

<第1段階選抜の基準>

工学院、物質理工学院、環境・社会理工学院A,B

センター試験の成績により評価

情報理工学院

活動報告書を重視、センター試験の得点が700点以上かどうかで評価

生命理工学院

センター試験の得点が700点以上かどうか、出願書類で評価

環境・社会理工学院C

志望理由書、調査書、その他提出書類で評価

(センター試験の成績は最終合否に使われる)

▼詳しくはこちら

平成31年度推薦入試及びAO入試学生募集要項を公表しました | 新着入試情報 | 東京工業大学 高校生・受験生向けサイト

▼推薦入試(理学院)

https://admissions.titech.ac.jp/admission/college/pdf/h31_guidelines_suisen60908628.pdf

AO入試

https://admissions.titech.ac.jp/admission/college/pdf/h31_guidelines_ao54729595.pdf

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今年はさらに受験戦争がきびしくなるようですね…うまくAO入試を活用して桜を咲かせましょう!!

 

間違い等ありましたらコメントください。

最新情報は大学ホームページに掲載次第随時発信していきます!